Q1-1.横浜AIDS市民活動センターとは。

A1-1.
横浜市が主体となって平成7年7月に開設しました。 主な活動は、エイズの予防啓発及びその事業の実施、エイズに関係するNGO(非政府組織)の支援等を行っています。

Q1-2.どんなことをしているのですか。

A1-2.
地域や学校、職場などでのエイズへの取り組みを支援するため、ニュースレターの発行や各種事業を行っています。
また、市内でエイズに関するボランティア活動に対して助成(支援金の交付)も行っています。

Q1-3.講師を呼んでエイズ及び性感染症講演会を行いたいと考えていますが、講師の紹介はセンターで行っていますか。

A1-3.
センターは公益的施設・運営のため、特定の講師の紹介は行っていません。

Q1-4. センターにはエイズ等の書籍が置いてあると聞いていますが、貸し出ししてもらえるのですか。

A1-4.
センターには書籍のほかビデオテープも置いてあり、貸し出し規約により一般の方にも貸し出ししています。 (貸し出し期間は2週間)
なお、貸し出しには免許証等ご自分を証明するものを持参ください。

Q1-5.センターに行ってエイズについて学習したいのですが予約が必要ですか。

A1-5.
2,3人でしたら読書コーナーがありますので必要はありません。
多人数の場合はミーティングルームがありますが、使用している場合が多いので予約してください。事務局員の説明などが必要な場合は事前にご相談ください。